カテゴリー: BCL

車載サブバッテリ・システムの製作

車載のサブバッテリシステム(鉛蓄電池12V)を製作しました。

このサブバッテリシステムは、キャンピングカーや大型のミニバン用ではなく、軽自動車や小型車で使える非常に小型のものです。バッテリはシートの下に入れて見えないようにし、車の中が汚くならないようにします。そのため、大きな電力供給はできませんが、照明や無線機(5w程度)には十分な容量があります。

一般的な、サブバッテリは車のバッテリに並列に接続したり、サブバッテリ用の充電器を使用したりしますが、充電のコントロールができなかったり、高価な充電器が必要だったりします。

今回製作したサブバッテリシステムは、インバータでAC100Vを作った後に、AC100V用充電器でバッテリを充電します。そうすることにより、インバータと充電器でアイソレーションされるため、車のイグニッションノイズがサブバッテリに伝わらなくなります。(FT817のHF運用でもノイズに悩まされることはありませんでした。)

ここで、1つ注意点があります。矩形波インバータの出力をそのまま充電器に接続すると、大きな突入電流が流れ、これらが故障したり焼けたりします。そこで、この間に突入電流防止回路を入れました。これにより、この問題はなくなります。

インバータを正弦波タイプにするという選択肢もありますが、正弦波タイプのインバータは高価であるため、お勧めではありません。

このバッテリシステムのメリットとして、車から外して、AC100Vで充電できる点と充電用インバータをサブバッテリの出力に接続することにより、AC100V電源となる点があります。サブバッテリには、USB出力もつけてあり、ニッケル水素電池の充電もできるようになっています。(写真参照)

このサブバッテリシステムの部品はすべてamazonで入手することができ、1万円以下で作ることができます。(ニッケル水素電池部を除く)。

車載サブバッテリ
サブバッテリ・システム+USBニッケル水素電池充電器
広告

RHM10を使って車で短波放送を受信してみました。

車で短波放送受信にチャレンジしてみました。

前回のブログで報告したように、ダイヤモンドアンテナのRHM10は、アマチュア無線用ですが、アマチュアバンド以外の短波帯にも同調させることができます。

そこで、車に取り付けた状態で高感度に短波放送を受信することができます。

今回は、外出先の駐車場で受信してみましたが、前回と同じオーストラリアの放送局が、強力に入感しました。

短波放送受信時は、車のイグニッションノイズが入るので、サブバッテリーを搭載してノイズ対策としました。

車にRHM10を取り付けています。

オーストラリアの放送を受信しています

FT817ND でBCLをやってみました。

FT817ND で短波放送を受信してみました。FT817NDはアマチュア無線機ですが、広帯域受信機(ラジオ)の機能が付いています。

アンテナは、屋上にダイヤモンドアンテナのRHM10を設置しました。RHM10は、アマチュア無線用の1.5mくらいのアンテナですが、7MHz以上のアマチュアバンド以外の周波数でも共振させることができます。

このアンテナを短波放送の周波数に共振させることにより、非常に感度が高く、ノイズが少ない状態で聴くことができます。

下の写真はオーストラリア・メルボルンからの英語放送を受信しています。フェージングを伴って強力な信号が入っています。


ダイヤモンドアンテナ RHM10

12月6日までFM補完放送の試験放送をしています。

ワイドFM(FM補完放送)が今日まで試験放送をしているようです。

  • TBSラジオ 90.5MHz
  • 文化放送 91.6MHz
  • 日本放送 93.0MHz

これはAM(中波)放送局の放送区域において、難聴対策や災害対策のためにFMの周波数を用いて、補完的に放送するものです。

※注意:上記の周波数は関東での情報です。他の地域は試験電波の時期や周波数がこれとは異なります。

image

 

短波放送の受信感度を大幅に向上させる

前回、FT1Dで短波放送を受信したループアンテナの受信感度を大幅に向上させてみます。

ループアンテナの受信感度を上げるには、アンテナを共振回路にする方法があり、今回はアンテナチューナを使ってみました。

使ったアンテナチューナは、JA7QIL局開発品です。詳細はWebで調べることができます。

感度としては、51のシグナルが59まで上昇しました。また、21MHzでは海外の局も強力に入感していました。移動運用の際、HFのコンディションをアンテナ設置前に確認するのに便利だと思います。

アンテナチューナの調整が少し面倒なのが欠点です。

FT817に接続した時の写真です。

FT1Dで短波放送を受信する

前回は、ID51でAM放送の受信をしてみましたが、今回は同じアンテナを使って短波放送を受信してみました。

FT1Dをお持ちの方もなかなか短波放送を受信されていないと思いますので、是非チャレンジしてみてください。

受信テストの結果、外で受信すれば十分実用になることがわかりました。

短波放送を受信される方は少ないかもしれませんが、海外に行って災害や事件に巻き込まれ、インターネットが使えない場合、短波放送は情報を得る有効な手段になります。

image

 

ID51でAM放送を受信する

ID51は、AM用の内蔵バーアンテナがありません。そのため、144MHz用ホイップアンテナを付けてもうまく受信できません。

災害発生時など、AM放送を受信したい時に受信できるように、ループアンテナを付けてみました。

このループアンテナは、廃棄したミニコンポに付属していたものです。また、BNCコネクタとSMA・BNC変換コネクタは、秋葉原で買ったものです。ループの大きさは縦10cm、横12cm、8ターンとなっているので簡単に自作できると思います。

実際に受信テストをしてみましたが、十分な感度がありました。興味がある人は、試してみてください。ただし、送信はできませんので注意してください。

このループアンテナは、別の使い道もありますが、それについては、別途報告します。

 

image