カテゴリー: ライセンスフリーラジオ

デジタル簡易無線IC-DPR3の車載外部電源その2

昨日紹介したデジタル簡易無線IC-DPR3の車載外部電源の製作について追加の紹介をします。

ももチャンネルで、「IC-DPR3用の車載電源がCQオームさん(岐阜?)から今週18日に先行発売される」という紹介がありましたが、よく見たら外見はほとんど同じものでした。

違いは、ケーブルを出す位置が、私のものはトランシーバーを車のドリンクホルダーに置くことを想定して上に付けたくらいです。

私の電源は、数年前にID-31用に購入したけれど、使わなくなった乾電池ケースBP-273を改造して作っています。

乾電池ケースの中にある電池制御基板を取り除いたり、そのままではL出力しか出せませんので、トランシーバー側にH出力も可能な電池パックだと思わせるような改造もしています。ノイズフィルターも取付けています。

しばらくしたら使用レポートもしてみたいと思います。

広告

デジタル簡易無線 IC-DPR3用車載外部電源の製作

デジタル簡易無線 IC-DPR3用車載外部電源を製作しました。

このIC-DPR3は、外部電源が販売されていませんが、車で使う時は12V用電源があった方が何かと便利です。

そこで、12Vを8.2Vに変換し、リチウムイオン電池の変わりをする電源を製作しました。この電源はH出力にも対応します。

これから、車で出かける時は持って行こうと思います。ちなみに、今日は葉山から伊豆・熱海と通信出来ました。

熱海市の滝知山山頂でデジタル簡易無線を楽しみました。

アマチュア無線の運用地として人気の高い滝知山でデジタル簡易無線を運用しました。

デジタル簡易無線はチャネル数が少なく、空きチャネルを見つけるのが大変でしたが、楽しむことは出来ました。

無線のアンテナを立てている車は、私ではありません。
眼下に熱海の町が見えます。
山頂です。中継アンテナがあります。

デジタル簡易無線の交信記録をHam memoに入力してみました。

デジタル簡易無線で交信した記録を残しておきたいですね。

そこでアマチュア無線用のログ・アプリのHam memoに入力してみました。周波数の入力がちょっと面倒ですが、問題なく入力できました。

このアプリは、iPhoneで動作し、移動先の地名を地図から入力できるので、移動運用にぴったりです。

Ham memo
入力例

デジタル簡易無線を車で使ってみました。

デジタル簡易無線を使ってみました。1Wでも葉山から静岡県と交信でき、満足できる結果でした。

無線機は、車のドリンクホルダーに入れ、アンテナは90cmくらいのモービルホイップです。

img_8487
IC-DPR3をドリンクホルダーに入れました。マイクは、ID-51と共用です。
img_8530
デジタル簡易無線のモービルホイップアンテナ
img_8529
葉山町で運用してみました。

デジタル簡易無線IC-DPR3

ICOMのデジタル簡易無線 IC-DPR3を使用しています。この無線機は、出力が1Wと小さいですがその分小型で扱いやすく、電池も長持ちするので、これにしました。

買った後に気づいたのですが、アマチュア無線機ID-51と電池が共通ですね。写真で確認してください。

そのため、電池を入れ替えることができ、大変便利です。さらに、充電器もどちらにも使えます。充電器の写真も付けました。

今後、旅行などに持って行こうと思います。

左側がデジタル簡易無線機、右側がアマチュア無線機
電池が同じです。
同じ充電器が使えます。

デジタル簡易無線の無線局登録状が来ました。

土日の移動運用には間に合いませんでしたが、デジタル簡易無線の無線局登録状が来ました。登録状はA4サイズで大きいですね。もう少し小さいといいですが。

これで、晴れてデジタル簡易無線が使えますので、次回の旅行の時から本格的に使おうと思います。聞こえていましたら、よろしくお願いします。

コールサインはこれから決めようと思います。

ライセンスフリー無線

もともと、災害時用に検討していた特小トランシーバーやデジタル簡易無線でしたが、You tubeの(モモチャンネル)や(アタックチャンネル)を見ている内に、楽しそうでやってみたくなりました。出かける機会がある時に使って見ようと思います。

特小レピータの信号をキャッチしました

特小(特定小電力)トランシーバを購入して以来、いろいろ試していました。その中で自宅から相模原緑区のレピータにアクセスできることがわかりました。

実際の交信はまだ行っていませんが、少し慣れてきたら交信にチャレンジしてみようと思います。まだ、コールサインを決めてないので、そろそろ決めないといけないですね。

やはり、個人的には小さな電力で遠距離と通信することに興味がありますね。単に遠くの局と通信するのであればアマチュア無線で200W(2アマ)とか500W(1アマ)出せば簡単にできますが、あえて小さい出力で通信するのが面白いと思います。