アンテナシミュレータによるアンテナ設計

今までアンテナの設計は、自作ソフトやフリーのモーメント法ソフトを使っていましたが、単機能であったり、アマチュアバンドしか計算できないなどの制限がありました。今回、アンテナシミュレータを購入しましたので、各種のアンテナ解析が簡単に行えるようになりました。

今回は、一番簡単なV型ダイポールアンテナの解析を行っている所をお見せします。

下の写真は、21MHzV型ダイポールアンテナの設計をしているところです。給電点インピーダンス、アンテナ電流、3Dアンテナ指向性などの計算を行っています。その結果、V字の角度の変化によるインピーダンス変化が簡単に計算できました。

このソフトはMATLABですが、まだまだ足りない機能もあります。今後は、足りない機能をMATLAB上で自作していく予定です。

MATLAB上で動作するアンテナシミュレータ
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中