南米チリの局からQSLカードが来ました

南米チリの局からQSLカードが来ました。

アパマンで、小電力、モービルホイップでも、14MHz Phone(SSB)で南米と通信できることが確認できました。

南米の局は、ポルトガル語?が多いですが、英語に切り替えて話してくれます。

アパマンの方もチャレンジしてみてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中