D-star Reflector の講習会に参加しました。

都筑アマチュア無線倶楽部主催のD-star Reflectorの講習会に参加しました。

D-starは、ICOMのID-31,ID-51などで採用されているデジタル通信方式です。通常はJARLの設置したレピータを介して通信を行いますが、こちらは、ノード局を介してReflectorというサーバにアクセスして通信を行うものです。

その際に、ノード局を作成する必要がありますが、これをRaspberry PiというLinuxベースのボードコンピュータとDVAPなどのドングルで作ります。

今回の講習会では、ノード局の使い方と技術編の2部構成で行われ、非常に多くの参加者があり、活発にQ&Aがありました。今後、多くの人がD-star Reflectorにデビューすると思います。

個人的には、技術的な興味で参加させていただき、非常に参考になりました。特に、音声コーデックの部分がAMBEという方式が使われていることなどです。詳細については別冊CQ Ham radio QEX Japan No.9 デジタル・ハム2014で紹介されていますのでそちらを参考にしてください。

image
各種のドングルとRaspberry Pi

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中